旅行先の治安と医療事情

長期休暇などを利用し、普段の生活では体験できないような世界を味わうために海外旅行へ行かれる方が多くいます。日本と海外を比較すると、治安や国家情勢などの不安材料は少なからずあるものの広大な土地での暮らしや文化を体感できる。
海外旅行へ行って、無事に帰国できれば良いのですが、時には不慮の事故や事件に巻き込まれ病気や怪我を負う危険性もあります。しかし、日本の医療体制と違うケースが多く、治療費負担などの問題があります。
全ての国ではないが、一般的には海外旅行者が治療費などを全額負担することになります。外交人の治療費は有料である国が多く、健康保険証を提示したところで3割負担になるというのは日本国内の話です。
治療費に支払ったお金は日本に帰国してから、きちんと手続きを行えば、給付金を得ることができます。その際には、現地の病院でもらった領収書や診療明細書を提示する必要がありますから注意します。
外務省のホームページでは、旅行先の病院などの施設情報などを公開しています。さらに必要な予防接種などの情報も公開されていますので、海外旅行先の状況や医療施設の確認などを事前に調べておくことが大切です。日本では感染率の低い感染症などが、国によっては特定の感染症が蔓延しているケースも珍しくありませんから、注意します。

コメントは受け付けていません。