補償に関する注意点について

海外旅行保険に入るに際して、クレジットカードの落とし穴があることを知っておくべきです。自分が持っているクレジットカードに、海外旅行保険が付いているので大丈夫と思っている人がいるはずです。
もちろんそれが悪いわけではありません。ただ注意しておく点があります。それは、クレジットカードの場合、疾病や障害の治療費用の補償限度額が低いものがある、という点です。
具体的に言うと、一般的なクレジットカードの治療費用の補償限度額は、最高で200万円ほどです。でも、海外での治療費が4、500万円かかるということがあり得ます。
また、海外旅行の保険に関して覚えておくべき点は、免責金額です。これは自己負担のことです。治療費用なども、契約保険金を超えてしまうと自己負担が発生することになります。
さらに、海外旅行保険の補償に関してトラブルになりやすい注意点が、紛失です。旅行中、携帯品を置き忘れることは有りがちですが、海外旅行保険で紛失は補償されません。ですから、旅行者の同行者同士で、忘れ物がないかお互いにチェックするのは良い方法です。
海外旅行保険の契約内容すべてを把握するというのは、とても大変なことです。でも、保険金の出ないケースについては最低限把握しておくと、余計なストレスを味わわなくて済みます。

コメントは受け付けていません。